トイレの水漏れとその他のトラブル

トイレの水漏れとその他のトラブル 日常生活の中で毎日使用していて、何事もなく機能しているものは様々ありますが、その中でも特に使用頻度の高いものは、やはりトイレではないでしょうか。家族構成にもよりますが、親子4人家族だとしても朝から夜まで相当の回数使用することになります。それだけに、トイレには色々なトラブルが起こることがあります。
まずよくあるトラブルとしては、詰まりや水が止まらないといったものが挙げられます。その他にも、物を落とした、変なにおいがする、ウォシュレットの水漏れやトイレ自体からの水漏れなどが代表的なものになります。このようなトラブルが起きた場合の対処法について考えてみましょう。また、特に頻度の高い水漏れトラブルについては、その漏れている箇所と調べ方を詳述します。

■詰まった、物を落とした

これはトイレにトイレットペーパー以外の紙、例えばティッシュペーパーなどを流したり、たばこの吸い殻などの異物を捨てたりすることが原因になることがあります。また、大量の汚物を流したりすると詰まってしまう原因となります。たとえトイレットぺーバーでも一度に多くを流そうとすると詰まる可能性があるので、注意が必要です。
便座に座ったり立ったりすることで、ポケットに入っていたものがトイレ内に落ちてしまうこともよくあることです。こんな時にはゴム手袋を使って内部を探しましょう。この時、不要なものであっても、水と一緒に流してしまおうとは決して考えないでください。詰まらせる原因となります。水を流さなければそんなに奥まではいかないので、手で探れば見つけ出すことはそれほど難しくはありません。もし、水を流して落し物が奥まで入り込むと、一層深刻な事態になり、トイレの交換を余儀なくされることもありますので注意しましょう。これも見つからない時には業者に相談するのが一番いい方法です。

■水が止まらない、臭いがする
水を流した時に水が止まらなくなるトラブルです。最悪の場合には便器から水が溢れ出てしまうこともあります。この場合はタンクの内部に問題があることが多いです。そこで、一度タンクの中を覗いてみましょう。ほとんどの場合は給水弁やゴムフロートと呼ばれる排水弁が劣化して壊れたり、浮き球がうまくはまらずにずれていたりするために、水が止まらなくなってしまうことが多いようです。
目で見てはっきりと壊れているとわかる部品は、ホームセンターなどで探して自分で交換することもできますが、修理をする自信がない時には専門業者に依頼する方が安心です。無理に修理しようとしてかえって事態を悪くすることもあります。
また、掃除は欠かさずしているのに、内部から妙な臭いがすることがあります。これは長期間使用することにより、内部に尿石という物質がこびりついたことで起きている場合があります。この尿石を取り除くには、日頃から丁寧な掃除を心掛けることと、尿石を取り除く薬剤がありますから、時々それを使うことで解決します。

■水漏れ箇所と調べ方

床が水で濡れている場合、どこから漏れているのかわからない場合は、水漏れ箇所の特定をする必要があります。まず、最初に見るのは上方からです。水は上から下に流れますので、濡れている箇所より上は原因箇所ではないことになります。先ずはタンクより上か下かを調べます。上であればタンク内部の部品の破損が考えられますし、下であれば便器の破損の可能性があります。
また、タンクと便器の間であれば、ホースや連結部分の傷みや外装部の破損が考えれらます。この他にも、結露によって生じた水滴が床を濡らすこともありますので、一応頭に入れておきましょう。

■まとめ
トイレは毎日使うものだけに、ひとたびトラブルに見舞われると、これほど困ることはありません。一昔前の穴に便を直接落とすような方式から、水で流すことにより便器は格段に進歩し、その清潔さは多くの伝染病を撃退しました。ところが新たな問題も出てきました。それが今まで述べてきたようなトラブルです。特に水漏れは原因が特定しづらく、特定できたとしてもなかなか自分で直すことは困難です。しかし、水漏れついてよく知ることで、深刻な事態に陥ることを回避できることもあるので、よく覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース